2022シーズン応援日程決定


埼玉西武ライオンズ応援部の活動報告について、ご報告させていただきます。

令和4年6月18日 対「オリックス・バファローズ」戦 対戦報告

 6月18日土曜日、「在京日南の会」は、梅雨空の中、オリックス戦の応援に所沢のベルーナドーム球場に出かけました。ドームは前年9月に引き続きの観戦です。

 試合は2-0で完敗でした。ライオンズの平井投手が最少失点で抑え、その後の救援陣も1点しか許さないピッチングで切り抜け、随所で好守備も見られました。しかし、オリックス山本投手(宮崎県都城出身)に150キロ、140キロ・120キロの球を投げられ、ノーヒットノーランでねじ伏せられてしまいました。

 試合終了時、ライオンズファンも敵ながらあっぱれと言うことで山本投手に惜しみない拍手を送っていました。

 試合は、中盤です。これからの活躍に期待しましょう。

次回の「在京日南の会」の応援は9月10日土曜日です。応援お忘れなく。

2022年シーズン 埼玉西武ライオンズ応援観戦日程決定

令和3年9月25日 対「千葉ロッテマリーンズ」戦 対戦報告

 9月25日土曜日、「在京日南の会」は、少し肌寒い気候の中、千葉ロッテマリーンズ戦の応援に所沢のメットライフドームに出かけました。

 ドームは1年と3ヶ月ぶりです。後で知ったのですが、屋内練習場や2軍球場、選手寮などが広い敷地に建ち、周りの様子がすっかり変わっていました。

また、球場内もこれまでの外野が芝生席からベンチ席に変わり、内野席も座り心地の良い席に変わっていました。内野席前のフェンスも一重のネットに変わりとても見やすくなっていました。

 試合の方は、1回に3点を取られ、ようやく6回に1点を返したものの追加点が取れなく31で負けてしまいました。

 千葉ロッテマリーンズが攻撃の時は、鳴り物の応援がないため、西武投手の投げた球がキャッチャーのミットに収まるとき、「ビシッ」と小気味よい音が届いていました。

 ファールボールが飛んできて幸運にも入手することが出来ました。ボールに925日の日付などがマークされていることなど、皆さんご存じでしたか。写真を見てください。

 

 25日現在の勝敗表を見ると第5位の成績ですが、残り23試合の奮起を期待したいと念じます。

2021シーズン埼玉西武ライオンズ応援日程決定のご連絡

2020シーズン埼玉西武ライオンズ応援観戦中止のご連絡

2020シーズン埼玉西武ライオンズ応援日程変更のご連絡

2020シーズン埼玉西武ライオンズ応援日程決定(変更になりました)

令和元年6月15日対「東京ヤクルトスワローズ」戦 対戦報告

 

 615日土曜日、「在京日南の会」は、雨の中、所沢のメットライフドーム球場に西武ライオンズ対ヤクルト戦の応援に出かけました。

 

 

 ヤクルトに8回までに4点を得点され、完敗かと思いましたが、その裏、1死一、二塁で2番の源田選手がヤクルト梅野投手に16球目に三振となりましたが、次の中村選手が走者一掃の二塁打。

 

 これで5点が入り、逆転勝利👍と思った9回表に2点を取られ、ヤクルト、1点の勝ち越し。ライオンズ、9回裏の反撃及ばず敗戦となりました。

令和元年5月25日 対「日本ハム」戦 勝利報告

 

 在京日南の会では、525日、メットライフドーム球場において、対「日本ハム」戦の応援を行いました。

 

 秋山選手の1回先頭打者アーチに始まり4点。2回にも秋山選手のソロホームランで1点の追加。

これで楽勝、と思っていたら、4回に日本ハムに一挙5点を奪われ、試合は振り出しに。

7回に2点の追加があり、その後の日本ハムの反撃及ばず、勝利しました。

 

 また、日本ハム清宮選手の今季初安打も見ることが出来ました。

20歳の誕生日に自らのバッドで花を添えたとの新聞記事があり。

 

観戦応援はがき案内

6月2日 対阪神戦 応援報告

 

在京日南の会では、今回も100名の応援団を埼玉メットライフ球場に繰り出し、阪神タイガース戦の応援を行いました。

今回の応援には、”日南市”からも20名の応援団がお見えになり、一緒にライオンズ必勝の応援を行いました。

結果は、当初1点を取られたものの、3回と4回に2点が入り、これで勝てるかなと思っていた矢先の5回に1点、6回には糸井選手の満塁ホームラン、7回に1点、9回に2点を取られ、ライオンズは7回に1点を返しましたが、10対5で負けてしまいました。

2日現在の順位表では1位ですのでこれからも頑張りペナントをさらってほしいと思います。


5月12日 対千葉ロッテ戦 応援報告

在京日南の会では、100名の応援団を埼玉西武ライオンズの本拠地であるメットライフ球場に繰り出し、千葉ロッテ戦の応援を行いました。

ピッチャー不調により、2回に5点、その後6点追加の猛攻を受け、反撃は2点にとどまり、結果11対2での敗戦になりました。

次回は、6月2日、対「阪神」戦です。

現在、パリーグの勝負表では1位ですのでこのままペナントの優勝をさらってほしいものと思っています。

皆さん、応援を行い、次回の勝利につなげましょう。