BCLプロジェクトについて

 

BCLプロジェクトとは

BCLの「B」は 青い(Blue)、「C」は町(City)、「L」は西武ライオンズのマスコットキャラクターLeoから命名。
日南市立南郷中学校出身の高校生4名で構成され、プロジェクトの代表を務める日南振徳高校3年生の岩﨑礼生(レオ)さんを中心に地元の活性化のため南郷町と埼玉西武ライオンズにて地域活性化策を目的に結成されました。

 

また、在京日南の会もこのプロジェクトを応援しております。

 

日南市南郷のJR南郷駅を「ライオンズ南郷駅 (愛称)」に!

 

地元の高校生が通学の駅舎をレジェンドブルーに

  BCLメンバーにて企画した内容は、埼玉西武ラインズ球団、日南市、JR九州などが協力し、埼玉西武ライオンズのキャンプ地であるJR南郷駅を日南海岸の波をイメージしたデザインに変えるプロジェクトで、キャンプインとなる2020年21日の完成を目指しています。

  また、埼玉西武ライオンズの本拠地である「メットライフドーム」の改修工事があり、撤去された備品が駅に集まる予定です。 現役の選手達が使用したものが、目の前登場するかもしれません!

 駅舎の塗り替え資金は、クラウドファンディングや寄付などで集めておりますのでご協力の程よろしくお願いいたします。

 詳細情報は、報道やインターネット検索サイト(googleyahoo等の「埼玉西武ライオンズ 南郷駅)にてご覧いただけます。